福島県室内装飾事業協同組合
お問い合わせ
TOP 組合紹介 組合員企業紹介 組合員手続き案内 リフォーム情報 会員専用ページ
住まいのしおり 壁紙対策
TOP
PAGE1 PAGE2 PAGE3 PAGE4 PAGE5
PAGE3 シックハウス症候群はどうして起こるのでしょう?
問題になっている『シックハウス症候群』や『化学物質過敏症』の原因の一つは、室内空気中の化学物質と考えられています。現代生活では、日常の生活用品に様々な化学物質が含まれ、しかも、住宅の構造が高気密・高断熱化されているので、化学物質が外に逃げにくくなり、減りにくくもなっています。原因物質の特定、症状発生の仕組みなど、未解明な部分もありますが、化学物質の高い部屋にいると健康に有害な影響が出る恐れがあります。
『シックハウス症候群』と並んで『化学物質過敏症』という言葉がよく使われますが、この二つは厳密には同じではありません。『化学物質過敏症』は住宅以外の場所でも症状が発生する場合を指すことが多いようです。これに対して『シックハウス症候群』は、新築、改築後の住宅や建築物の中にいる時に特に症状が出る場合を指すのが一般的です。
参考資料
これらの化学物質のうちホルムアルデヒドとクロルピリホスが建築基準法で規制されています。今後、法令または自主管理により他の規制物質も指定される見込みです。
前へ 次へ
この情報は、日本壁装協会が発行する『住まいのしおり』〜健康に配慮した住まいと暮らしのための壁紙対策〜から、同協会の許可を得た上で転載しています。
up
個人情報保護方針 サイトのご利用について Copyright (C) Fukushima Interior Decoration Cooperative Society All Rights Reserved.